太宰宗一郎ブログ『人にやさしく』

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく~人と地球を守る~』

活性酸素は体をサビつかせる元凶!シワなど老化の原因に!除去する5原則とは?-その4-

活性酸素は体をサビつかせる元凶!シワなど老化の原因に!除去する5原則とは?-その4-
 
活性酸素とは何か知っていますか?あなたの顔のシワが増えたり、物忘れを増やしたり、ガンを引き起こしたりと様々な影響をもたらすものが活性酸素だといわれています。活性酸素は体をサビつかせて、老化現象を招いてしまう元凶なのです。活性酸素はどこから発生してくるのでしょうか?また何が原因で増えてしまうのか知っておきたいですよね。日頃の生活習慣が問題かもしれません。ここでは活性酸素を除去する方法もご紹介します。 
 

酸化ストレス測定検査とは

8-OHdG法とはサビ付き度を測定する検査

 

 f:id:rpa-rpasia:20161230175101j:plain

身体の「サビつき度」はどこまで進行しているのか、それをチェックするのが酸化ストレス測定検査です。
このうち、尿で調べるのが「8-OHdG」という方法です。

活性酸素の攻撃によって傷ついた遺伝子、8ヒドロキシーデオキシグアノシン(8-OHdG)という物質が尿中に直接排出されるのを検出します。尿を採取し、解析することにより、あなたが受けている酸化ストレスの度合いを測定することが可能なのです。

OS-APtestとは酸化ストレスと抗酸化力を測定する検査

 

 f:id:rpa-rpasia:20161230175113j:plain

血液を採血し、酸化ストレスと抗酸化力を測定するのが、「OS-APtest」です。活性酸素によってダメージを受けた脂質・タンパク質・アミノ酸核酸などの有機物が変化した分子(ヒドロペルオキシド)の値を測定することにより、体内の酸化ストレス度を測ることができます。

これらの酸化ストレス測定検査の結果、検査値が標準より高ければ、がんや心筋梗塞、そして老化が早まるなどの危険性が高まります。検査を受けられる病院は限られているようですが、体のサビつきの程度を知っっておくと、生活習慣を改める良い動機付けになると思われます。

活性酸素対策をして若さを保とう

f:id:rpa-rpasia:20161230175129j:plain

活性酸素は目に見えない存在ですが、強力な酸化作用で私たちの内側も外側もサビつかせてしまいます。見た目にはシワや肌の衰えとなったり、生活習慣病やガンを引き起こす原因にもなってしまう存在です。
 
活性酸素は私たちの生活習慣を変えることで除去したり、減らすことが可能です。少しずつの積み重ねが大きな差を生むことになるので、毎日の生活を見直して、活性酸素を減らしていくことが若さと健康を保つことにつながります。
 

おすすめのサプリメント

ミネラルソリューションズ
必要なミネラルやビタミンを摂り、食べ物の栄養分の吸収を上げ、かつ消化を促進しましょう。
現代型栄養失調を未然に防ぐにも一役を担います。
不足がちなミネラルが接種でき、かつ栄養価・吸収率が高いため、体内の酸化を防ぎ、代謝を促します。
体内、特に臓器の環境が良いと結果として外面の肌も良好になっていきます。
ミールリプレイスメント(チョコレート/バニラ)
人体の臓器、特に肝臓の調子を整えます。
糖分の多い食べ物にある急速な吸収により、臓器、特に肝臓の機能不全を防げます。
ミールリプレイスメントは糖分を緩やかに吸収し、肝臓への負担を減らします。
また、チョコレートとバニラの二種類のパウダーはご自宅でのお菓子作りに取り入れてはいかがでしょう。
マルチビタミンに含まれる、カロテノイドの一種であるアスタキサンチンも抗酸化作用をもった物質です。抗酸化成分としてよく知られているビタミンEなどに比べて、優れたパワーを持っていることがわかっています。アスタキサンチンは、「一重項酸素」と呼ばれる活性酸素に対して最も効果が高いといわれています。

このアスタキサンチンは飲むサプリメントにも含まれているものがありますが、化粧品としても販売されています。肌からも内側からも取り入れることで、より高い抗酸化作用を狙うことができます。
上記のミネラルソリューションズとの組み合わせもおすすめです。