読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく』

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく~人と地球を守る~』

肌への負担をへらす三相乳化とはどんなもの??

■界面活性剤を使わない乳化方法。酸乳化とは??
三相乳化は、界面活性剤を使用しない乳化方法です。
その代わりに、柔らかい親水性ナノ粒子の物理的作用力(ファンデルワールス引力)を利用して物質を乳化させます。

f:id:rpa-rpasia:20161127164745j:plain

前述したように、界面活性剤は水と油の両方を引き寄せる性質があります。
しかし、この性質を利用した乳化は、O/W乳化とW/O乳化で界面活性剤を変えなくてはなりません。
また、2種類以上の物質を乳化させる場合は、状態を安定させるために複数の界面活性剤を使う必要がありました。
 
つまり、たくさんの原材料を使った物質の乳化ほど、界面活性剤の種類も多くしなければなりませんでした。
 
複数の界面活性剤を使うということは、原価もかさみますし、物質を最も安定させる配合も考えなくてはなりません。
しかし、三相乳化では1種類の界面保持剤があれば、どんな乳化でもできるのです。
また、酸性でもアルカリ性の物質でも長期に安定させることも可能になります。
 
<関連記事>

rpa-rpasia.hatenablog.com

 
■三相乳化を使った製品の特徴とは?
三相乳化を使った製品は、「球体ラメラ構造」になっています。
これは、肌の保湿構造と同じで、非常に浸透性が高くすることができます。
つまり、三相乳化を使った美容液などは、従来の乳化方法を使った製品よりより肌になじみやすくなることが考えられます。
 
また、浸透性が高いということは、たとえ油分の多い製品でもべとつくことがありません。
美容液やクリームの中には、「べとついてなじませるまでが大変」というものもあります。
三相乳化を使ったものならば、油分が多いものでもすぐに肌になじんでくれます。
 
 
■現在、三相乳化が使われている商品とは?

三相乳化はまだ新しい部類の技術です。
開発されたのが2005年、特許出願が2006年ですから、まだいろいろな製品に使われているというわけではありません。
そこで、最後に三相乳化が現在使われている商品をご紹介します。

◆化粧品
前述したように、三相乳化は化粧品の性能を向上させる効果が期待できます。
なので、美容液や乳液、さらに日焼け止めなどに利用されています。
三相乳化の技術を開発したのは神奈川大学の研究所ですが、大学オリジナルブランドの化粧品も開発されています。
機会がありましたらぜひ使ってみてください。
 
<W クレンジングミルク>・・・ 紫外線のダメージを受けた肌をいたわり、うるおいを残しながら、メイクを落とす。
<W フォーミングクレンザー>・・・ 古い角質や毛穴の汚れを、なめらかな泡とともに洗い流して、明るく澄んだ印象の肌へ。
 
<W ローション>・・・ メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぎ、透明感あふれる肌へ導く美白※1化粧水。
 
<W セラム>・・・ 高濃度のフラバンジェノール®※1と美白※2有効成分で、全方位的な集中ケアを。
※1 フランスカイガンショウ樹皮エキス(フラバンジェノール®)<皮膚コンディショニング成分>
※2 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。
 
<W デイモイスチャライザー [SPF25・PA+++]>・・・ 紫外線や乾燥にさらされる日中の肌を守りながら、みずみずしさを保つ美白乳液。
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。
 
<W ナイトクリーム>・・・ 眠っている間に、角質層のすみずみまで美白有効成分を届け、透明感あふれる印象に。
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。
 
<W スキンケアトライアルセット>・・・ Wラインの6製品すべてがセットに。
※ クレンジングミルク以外は医薬部外品です。
■おわりに

いかがでしたか?
今回は、三相乳化の技術についていろいろとご紹介しました。
まとめると

  • 三相乳化は2006年に特許を取ったまだ新しい技術。
  • 界面活性剤を使わずに乳化ができる方法である。
  • 安定性が高く、複数の界面活性剤を使う必要もない。
  • 何種類もの物質を混ぜ合わせても安定して乳化できる。
  • 浸透性の高い化粧品が作れる。
 
日本の乳化の技術は、化粧品メーカーが開発したものが多いという特徴があります。
今までも、画期的な乳化法が開発されてきましたが、この三相乳化も業界の注目を集めているのです。
私たちの身の回りにある製品に幅広く使われるようになるまでは、もう少し時間がかかるかもしれません。
しかし、前述したように一部の化粧品や食品はすでに販売されています。
ですから、「三相乳化の技術を使いました」と広告された化粧品を見たら、興味がある方は試してみましょう。
従来の化粧品との違いを実感できるかもしれません。