読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく』

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく~人と地球を守る~』

メラニン色素を抑制するアルブチンって??ビタミンとの相乗効果も!!

●アルブチンとは??
アルブチンとは美白効果の高さで、今ではたくさんの化粧品に配合されている成分です。
化粧品のテレビコマーシャルなどでも、よく耳にする成分ですが、
その働きとはどのようなものでしょう。

f:id:rpa-rpasia:20161127161552j:plain

アルブチンはシミの元になるメラニンの生成を抑える働きから、美白効果があるとして、注目されている成分です。
メラニンは紫外線などの外敵の進入を防ぐ、大切な役割があますが、問題は日焼けやシミの元になってしまうことです。
メラニンが黒くなるのは、実はチロシナーゼという酵素の働きによるものです。
チロシナーゼメラニンを酸化させることで、メラニンが黒色化します。
アルブチンにはこのチロシナーゼの生成を抑えて、メラニンが黒色化することを防ぎます。
そのため紫外線を浴びてしまった後でも、メラニンが黒くなる前であれば、美白効果があると言われています。
 
<関連記事>・・・Wスキンケアシリーズ
 
■アルブチンはシミ予防に効果的?

f:id:rpa-rpasia:20161127161624j:plain

 
上に説明したように、アルブチンはメラニンを黒色化させるチロシナーゼの働きを抑えることから、美白やシミ対策に効果があるとされています。
この働きは、あくまでもシミができる前の予防的な効果なので、既にできてしまったシミを消す点ではそれほど高い効果は期待できないでしょう。
ただし、シミができた部分はメラニンが集中して生成されやすくなっているので、そのままではシミが濃くなる可能性があります。
そのため、シミの部分にアルブチンを塗ることで、シミをそれ以上濃くならないように抑えるのには役立ちます。
すでにできてしまったシミを消したいのであれば、ハイドロキノンが現在では一番効果がありますが、一方で刺激が強いという欠点も。
アルブチンは低刺激なので、日ごろのお手入れに加えやすいこともメリットです。
その点からもシミを予防したいのであれば、アルブチンはおすすめの成分と言えるでしょう。
 
■アルブチンを使うときは、ビタミンCと合わせる??
アルブチンはビタミンCとあわせて使うことで効果が高まります。

f:id:rpa-rpasia:20161127161645j:plain

ビタミンCにもメラニンの生成を抑える働きがあるので、アルブチンとあわせて使うことで、シミがそれ以上濃くなることを防いでくれます。
さらに、ビタミンCはコラーゲンの生成を促して肌のターンオーバー(新陳代謝)を整える働きもあることから、古い角質が剥がれやすくなり、肌のくすみなども改善しやすくなります。
このように、アルブチンとビタミンCの相乗効果で肌の美白効果が高まることから、多くの化粧品にもアルブチンとビタミンCを配合したものが扱われています。
シミに加えて肌のくすみなども気になる人は、 ビタミンCもあわせて使ってみると良いでしょう。
 
 
アルブチンおすすめ製品
<W クレンジングミルク>・・・ 紫外線のダメージを受けた肌をいたわり、うるおいを残しながら、メイクを落とす。
<W フォーミングクレンザー>・・・ 古い角質や毛穴の汚れを、なめらかな泡とともに洗い流して、明るく澄んだ印象の肌へ。
 
<W ローション>・・・ メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぎ、透明感あふれる肌へ導く美白※1化粧水。
 
<W セラム>・・・ 高濃度のフラバンジェノール®※1と美白※2有効成分で、全方位的な集中ケアを。
※1 フランスカイガンショウ樹皮エキス(フラバンジェノール®)<皮膚コンディショニング成分>
※2 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。
 
<W デイモイスチャライザー [SPF25・PA+++]>・・・ 紫外線や乾燥にさらされる日中の肌を守りながら、みずみずしさを保つ美白乳液。
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。
 
<W ナイトクリーム>・・・ 眠っている間に、角質層のすみずみまで美白有効成分を届け、透明感あふれる印象に。
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。
 
<W スキンケアトライアルセット>・・・ Wラインの6製品すべてがセットに。
※ クレンジングミルク以外は医薬部外品です。