読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく』

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく~人と地球を守る~』

食べ物からの体の酸化(老化)を防ごう!!・・・酸化??

ずっともっと美しく
酸化の原因となる食べ物を避けてアンチエイジング!!

f:id:rpa-rpasia:20161110122916j:plain

 
老化の原因の1つである「酸化」。
体内で酸素が酸化し、「活性酸素」となり様々な老化現象や病気を引き起こす原因になります。
その活性酸素を出来るだけ増やさないために気をつけたいことの1つが『食べ物』です。
活性酸素の原因となる食べ物を毎日の食生活からできるだけ減らしましょう。
 
 
【酸化の原因となる食べ物は??】
体の中の活性酸素を活発にし、新たな活性酸素を生む原因になる、酸化を促進してしまう食べ物を確認しましょう。
 
■酸化した食べ物
食べ物が空気中の酸素に触れ形質変化し酸化します。
例えば、林檎などは皮をむいて時間がたつと変色しますよね。それは林檎が酸素に触れて酸化した状態です。
このように、せっかく作った料理も時間が経つと酸化が進みます。
お惣菜やお弁当の作り起きなどは酸化が進んでいるので極力作りたてを食べるようにしましょう。
 
そして、酸化しやすい食べ物の代表は油です。
油は空気に触れると酸化が一気に進行します。油そのものも勿論ですが、揚げ物なども作って時間がたったものは酸化が進んでるので避けたほうが無難です。
 

f:id:rpa-rpasia:20161110122943j:plain


カップラーメンなどのインスタント食品やポテトチップスなどのスナック菓子も酸化した食べ物の代表です。ダイエット中でなくても避けるべきでしょう。
さらに、添加物の多い食べ物スーパーやコンビニなどで買える食品にはほぼ添加物が入っています。酸化防止剤や、発色剤である亜硝酸ナトリウム硝酸ナトリウム、合成甘味料であるアスパルテームサッカリン…商品の裏側の成分表示見ると、かならずといっていいほど何かしらの添加物がはいっています。
 
■食べ物に添加物??
その添加物。体にとっては「毒」とされるもので、肝臓などでろ過されて尿などと一緒に体の外にでるのですが、肝臓に負担がかかるだけでなく、活性酸素を増やす原因になります。
 

f:id:rpa-rpasia:20161110123000j:plain

 

ハムやソーセージなどの加工肉、甘い飲み物、かまぼこなどの練り物や乾燥させた食材、パンやお弁当、お惣菜など、上げていけばきりがありません。
この添加物が体内へ入ると活性酸素が反応するのですが、活性酸素の影響が大きく周囲の細胞まで破壊してしまいます。
そのような食材などに気を使い野菜を多くとるようにしても、すべて出来あいのものや、チルド商品などには効果がありません。
商品を選ぶ際は成分表示を見て、添加物が多すぎる商品などは避けることが私たちの出来ることです。
 
■ちなみに、脂質の多い食べ物は??
脂質の多い食べ物をとりすぎると、コレステロール中性脂肪が増えてしまいます。
血液中にある脂肪は活性酸素と結びつくことで「過酸化脂質」といいう悪い物質に変ります。この過酸化脂質は血管を詰まらせたり、皮膚の老化を招くのです。
お肉のなかでも牛や豚のばら肉、サーロイン、鶏の皮、モモ肉、ウインナー、お肉以外にもアンコウの肝、マグロのトロ、フライドポテトなど揚げ物、マーガリン、バター、マヨネーズ、クリームチーズなど身近で脂質が多い食べ物は多いです。
 
■何がいいの??
アジ・イワシ・サンマなどの青魚は??

f:id:rpa-rpasia:20161110123021j:plain

 
油の中でも、青魚の油などは悪玉コレステロールを減らす良い油ですので、積極的に摂取するべきでしょう。
以上、酸化を促進し老化を進行させるアンチエイジングの敵である食べ物の紹介でした。
すべてを避けるのは難しいと思いますが、できるだけ上記に挙げたものを避けて正しい食生活をおくりましょう。
 
■おすすめサプリ
DHAEPAの健康パワーでクリアな思考に
今注目のオメガ3系脂肪酸DHAEPAを含む魚油を配合した栄養補助食品です。
年齢を重ねた方、魚を食べる機会が少ない方、頭脳労働の多い方に特におすすめです。

www.modere.co.jp

5~10%OFF