読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく』

太宰宗一郎ブログ『人にやさしく~人と地球を守る~』

旬を逃がすと下がる栄養価??

ずっともっと美しく
近年のほうれん草の栄養価が大幅に減少しているということを、日常の中で聞かれたことあるという方もいらっしゃると思います。さらにそれは、ほうれん草に限らず他の野菜も栄養価が大幅に落ちてることもです。そういった環境下に置かれる私たちが最近よく聞く「サプリで補う」方も増加傾向にあります。しかし、野菜の栄養価は本当に減少しているのでしょうか?
 
 
【野菜の栄養が落ちてる!?】
 

f:id:rpa-rpasia:20161108015704j:plain

 
文部科学省の発表に基づく「日本食品標準成分表」の数値をご紹介します。
 
1. ほうれん草の栄養がとくに激減してる
1982年の栄養と2000年の栄養を比べると、ほうれん草100gに含まれるビタミンCの量が、65mgから約半分の35mgに激減しています。
 
2. さらに1950年と比べたら1/5に!?
1950年にほうれん草100gに含まれているビタミンCの量は150mgだったものが、1982年には65mgになり、2000年には35mgになっています。この50年間で約1/5になっています。
 
3. 鉄分も激減しているんだとか!?
ほうれん草の鉄分は1950年は13.0mgだったものが、1982年では3.7mg、2000年では2.7mgと、こちらもほぼ1/5に減少しています。
 
4. その他の野菜の栄養も減ってます
数値はビタミンCです。これ以外でもほとんどの野菜の栄養が減っていますが、減り幅が大きいものを抜粋しています。
●パセリ      : 200mg → 120mg
トマト       : 20mg → 15mg
ニンジン     : 10mg → 4mg
ブロッコリー   : 160mg → 120mg
小松菜      : 75mg → 39mg
シソ        : 55mg → 26mg
 
 
【栄養価の減少には『カラクリ』があった!】

f:id:rpa-rpasia:20161108015739j:plain

 
現象の幅がとても大きいことに驚きを覚えますが、実は実際に野菜の栄養価が減っているというわけではないようです。
 
1. 旬の野菜の栄養価は昔から変わってない
女子栄養大学の研究でも、旬の野菜の栄養価は昔も今も変わらず、野菜は旬の時期に充実した栄養価を持ち、それ以外の季節は旬に比べて数分の一の栄養価しかないという検証結果がてています。
 
2. ではなぜ栄養が減っているように見えるのか?
聞くと当たり前のように感じますが、野菜は本来、旬の時期にしか生産できなかったのですが、今では季節を問わず通年栽培が可能となりました。
「日本食品標準成分表」は2000年に改訂されたときに、通年での栽培される野菜の栄養素の平均値を記載するようになっており、旬の時期ではない栄養価が低い時の分析値も反映されています。という点から、数年前と比較をした今の野菜は栄養価が減っているように見えるというわけです。
 
3. 栄養分析法の違いでも差が出てくることも?
栄養研究所情報センターに実験に基づくと、分析法が新しくなるに従い栄養値も低下しています。
特にほうれん草、にんじん、小松菜は「日本食品標準成分表」と同じような栄養値の低下する傾向にあります。
 
4. でもトマトだけは本当に下がってる!!?
最近は甘みのある品種が求めらこともあり、その影響から栄養が落ちています。
数年前までの酸味あるトマトのビタミンCは40mgだったものは、甘いトマトとなった結果ビタミンCは15mgほどに減少しています。
 
 
 
【『カラクリ』が分かったとは言っても、まだ安心はできない!!】

f:id:rpa-rpasia:20161108015816j:plain

 
1. そもそも野菜の摂取量がまったく足りてない
日本人は7割が野菜不足だといわれています。
朝は早く・夜も遅い社会人の食生活の乱れ、また一人暮らしの人は自分好みのメニューに偏ってしまいがちです。
たとえ形だけ栄養バランスを整たとしても、旬ではない野菜の栄養価は低くなるため、かなりの量の野菜を食べないと十分な栄養を摂ったとは言えません。
ただ、かなりの量をというと、ほうれん草を5倍とるなど現実的な量ではないです。
 
2. 冷凍野菜を利用するのも手!!
市販の冷凍野菜というのは、旬の時期に冷凍したものが使われています。
ビタミンなどの栄養素は、冷凍しても減らないのでうまく利用するのもひとつの手段ですね。
ただし、その野菜を保存するための保存料には注意したいものですが・・・・
 
3. 結局はサプリで補ったほうが良いかも?
日本人が不足しやすい栄養素は、ビタミン類、カルシウム、ミネラル、亜鉛、鉄分、マグネシウムなどがあります。
こうした栄養素はサプリで補っておいたほうが良いかもしれません。
最近は色々なサプリメントがあり、一粒でも色々な成分が摂れるものがあるので、不足しやすい栄養素はこうしたもので補うと良いかもしれませんね。
 
■補えない野菜の栄養分はサプリメントで^^